2006年05月13日

素敵♪

0512-yesdvd.jpg

 ☆DVD「yes Songs」

 ☆DVD「9012ライブ」

 ☆CD「閃光」

本と洋服は買うの控えてるんですが、DVD欲しかったの〜。
在庫数少なかったので、買えないと後悔すると思って、ついついぽちっと。

買って後悔はしませんでした。至福のひととき。
「yes songs」に圧巻です!!
posted by あると♪ at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | yes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

イエスファイル&改訂版

0425yesbooks.jpg

☆シンコーミュージック編集の『イエスファイル』
☆ストレンジデイズアーティスト&ディスクファイルシリーズvol.1「yes」

ネット書店では二の足踏んで買えなかった2冊。
偶然入った書店で2冊並んでいたのを見たときには、

「これは呼ばれたのね…ふっ。」

と手にとってしまう自分がおりました。
高いんですよ。両方合わせて一葉さんがはらりと舞いました〜(><)
先週、講談社のミステリシリーズも買ってしまったこともあり、
もうこれ以上、今月も来月も本は買えません!


ええ、大好きな龍王くんが表紙になっている『ツバサ14』の豪華本だけにします!(←おいおい)
posted by あると♪ at 00:00| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | yes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

yes LIVE!

yes ザ・コンサート
(WOWOW 2月23日 23:50〜25:50 放送)

番組表から発見して5日間、とにかく楽しみにしていました!
(当日のAllSetListは「こちら」を参照のこと)

22:00〜BS-iで「Rockの要」を視聴し、いつもは就寝するのですが、
本日は延長戦(笑)、終了は夜中の2時なので、リビングのTVで
視聴する都合上、灯りを消してしかも音声はヘッドフォン、
ファンヒータも消し、ホットカーペット&子供のお昼寝用毛布を掛けて、
ネタ帳を持ち、こっそりひっそりと、きゃいきゃい言いながらの
夜のお楽しみでございました。
以下、ミニレポ(ラスト15分は、睡魔が襲い掛かり、うっかりと
寝てしまいましたので、のちほどUPの予定)です。

OP〜ストラヴィンスキー「Firebird Suite」

私が観に出かけた、大阪でのツアーと同じ曲目。
リック・ウェイクマン参加に敬意を表して、ということだと
思います。メンバーはロジャー・ディーンデザインによる
派手なセットが展開する中に登場!
途中から、それぞれ楽器を手に取って、演奏を始めます。
登場しただけで、観客のすごい拍手の渦!

『Going For The One』
壮麗なOPから一点、POPなナンバーで、会場は一気に盛り上ります。

『Sweet Dreams』

本日の衣装は、黒が基調色。
Drumsのアラン・ホワイトは黒いシャツ&ボトム。
(あとでこの方の脛が見えるシーンがあるので、半パンなのかも
 しれません・笑)
Keyのリック・ウェイクマンは、黒の半袖Tシャツ&ボトム。
シルバーのチェーンのみで、わりとシンプル。
うでにはシルバーの腕時計。マントはありません(笑)。
Bassのクリス・スクワイアは、派手なカッターシャツに黒の
ロングコート&ボトム。大きな異国風のネックレス。
Gのスティーヴ・ハウは、大きなペイズリー柄のシャツと
黒のボトム。足元には、カーペットです。
そしてジョン・アンダーソン。
なんともシックな地味派手な衣装で、素敵です。
黒のスタンドカラーの上着、揃いのボトム。
首には☆型の刺繍と、左胸に太陽を模した金刺繍。
なんとボトムの裾のほうにも、☆の刺繍がありました。
生地はラメ入りなのか、黒なのに、ライト反射できらきらと
光るのです!とてもジョンにお似合いでした。

『I've Seen All Good People』
ハウがセミアコに持ち替えます。
クリスのベースが何ともいえぬ、緑に黒の縞模様で、
スイカみたいな柄・・・。

『South Side Of The Sky』
ラストのKeyとGの応酬が絶品です。

『Turn Of The Century』
間奏のハウが素晴らしい〜。

『Yours Is No Disgrace』
ジョンMCで「一緒に歌って〜」と。
この曲のあとは、休憩のようです(yesライブには、たいてい
15〜20分ほどの休憩が用意されています)。

『The Meeting』
リックひとりが登場。ステージにはミニグランドピアノを
模したKeyが中央に置かれています。
超技巧!という感じのアレンジ&演奏に、溜息〜♪
ソロ曲かと思いきや、ジョンが登場、ピアノだけの伴奏で歌います。
このときのジョンの登場のしかたが何ともチャーミング(笑)。
素敵なラヴ・ソングです♪

いつの間にかアコースティックライブのセットが!
メンバーは微妙にお色直し。
ハウが白いTシャツに着替えています。
スネア、シンバル、バスドラのみのドラムセット。
アランの手には、ブラスティックです。
クリスのアコースティックベース姿なんて、初めて拝見しまして、
何か感激(><)。惜しいかな、構えがイマイチ。
ジョンもハウも、アコギです。
スツールに腰掛けて、アコースティックコーナーが始まりました!
(何かもう、どこぞのBANDのようでびっくりどっきりです)

ここで爆笑したのは、ハウのギターストラップ。
「牡羊座」と羊の刺繍が入ったものを使用していて、
(どこで買ったのそれ・・・)という感じです(*^_^*)。

『Long Distance Runaround』
「僕らは、レコーディングで、世界中を回る。
スイスには半年滞在した。どうしてあの時、スキーを
習っておかなかったんだろう?」とジョン。

『Wonderous Stories』
ハウのポルトガル・ギターを曲中に紹介します。

「次の曲、ちゃんと紹介しようと思ったのに、歌詞忘れちゃった!」
「じゃあ、インストロメンタルで(笑)」と、爆笑の曲紹介。
でもジョンはきちんと歌っていましたよ。
このときのリックの爆笑している姿が、きちんとカメラに
収まっていて、さすがのカメラワークです。

『Time Is Time』
・・・終ってから「OK!(よしっ!)」とジョン。
ハウは、アコギを横にして、スティールギター風に演奏しています。

ここでちょっとメンバーのトーク。
一時、メンバーが分裂していたときの話をジョンを始めて、
クリスが振られて続きを話します。
アコースティック・コーナーでは、薄いサングラス着用のクリス。
アルティメット・イエス時代の微妙な話をし始めて、
自分は別でやろうとしていた、と。
結成35周年とはいえ、決して平坦ではなかったyesの遍歴。
メンバーは変わっても、たとえ分裂しても、yesの楽曲は
yesが演奏するのです。

シカゴ・ブルースでやりたい、と当時、リックにアレンジを
依頼したものだそう。

『Roundabout』
まさか、この曲をアコースティックで聴けるとは!!
しかもブルースver.ですよ(感涙)。

『Owner Of A Lonely Heart』
これもそうですね。今回の番宣にも使用されていました。
ジョンの透明な声、クリスのコーラスが非常に爽やかな一曲です。

何の曲でか、リックが下手にいるハウのほうに顔を向けていて、
足はアンプに乗せて、ピアノを弾いていたのが、ちょっとカッコ良かったり。
ジョンの歌は好きなんですが、やっぱりリックは華があるし、
存在感&安心感はとてつもないですね。

ここでアコースティックコーナーは終了!
ジョンが「セットを片付けるまで、ハウのソロで・・」紹介します。
『Second Initial』

再びBANDセットでのラストスパートが始まります。
『Rhythm Of Love』
ジョンが、サイケな模様の上着に着替えて、何とステージを降りて、
客席を歩きながら歌います。
客席中央にお立ち台があり、ステージとのライティングが
とても美しいのです。客席は、年配の男性が多いかな。
歩きながら歌うジョンに、肩を叩いたり、手を打ち付けてみたり、
ボディガードはついているものの、すごいサーヴィス精神!

『And You And I』
またこの曲が聴けました(涙)。
アレンジ変わってました(当然?)
やっぱりリックのKeyは素敵です。
ちょっとしたフレーズとか、パッセージが「やっぱりリック」なのよね。
(壊れ中でございまする〜)

アンコールでしょうか。
『Starship Trooper』
ラストに長〜〜いインストのセッション部分があって、
とてもカッコ良いです。ここではジョンは脇役、でしたね。
クールなハウと、keyブースから動けないリックの間を、
ダイナミックなクリスが取り持っている、と言う感じです。
本当に、この人のベースはアクションが派手で、カッコ良いの。

番組中、曲紹介のロゴも、R・ディーンのイラストと文字を
使用していて、もしかしてこれがDVDとして編集されていた
ものからの放送なのかな?と『思ってしまいました。
発売に先行してのTV放送、なんだか毎日観てしまいそうです。
HDD〜DVDへなかなか落とせなさそう(笑)。

posted by あると♪ at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | yes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。