2006年03月29日

アスランに逢ってきた。

327narunia1.jpg

夏から前売り券を購入して待ち望んでいた「ナルニア国物語」の
映画を見てきました(ちょっと前になりますが)。

原作は中学生の頃にハマって読んでいたのですが、公開を前に
図書館で借りて、全7巻を再読。

第一章の見所はやはりルーシーとタムナスさんの出会い。
某Hリーに比べると、昔っぽい画面だと思うのですが、
原作に忠実に再現された時代考証、当時のロンドンの光景などが
原作ファンにはとても嬉しかったです。

四兄弟はそれぞれに個性的で、役にぴったりですし、
衣装もレトロで素敵なの。
ルーシーが実に愛らしくて、たんすを開けるシーン、タムナスさん
との出会いのシーンには「なぜか懐かしくて」タオルを離せません
でした。

私的に惜しいと思ったのは「白い魔女」。
とても有名な女優さんの抜擢だということですが、
白い魔女にしては、ちょっと年齢が。
そして衣装がちっとも素敵じゃないのですよ。
白いツイードらしき厚ぼったい生地で、襟の周りが変に
厚く立ち上がっていて、太って見えるのです。

戦闘シーンの鎧かたびらのスカートにはびっくりしましたが(笑)。
冬でも私は寒くないのよ〜って感じのひらひらドレスだったら
良かったのに。
ターキッシュデライト、いつか食べてみたいわ♪
posted by あると♪ at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15665723

この記事へのトラックバック

ナルニア国物語 ライオンと魔女
Excerpt: 話題作を先取りです!
Weblog: ブルーアマゾン〜amazonのお買い得情報〜
Tracked: 2006-03-29 10:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。